ヒラメキ 技術力を、提案力に。

次世代基地局エネルギーへ
──燃料電池や太陽光、風力をエネルギー源に、コスト削減と事業継続を支援

2011.08.09

基地局そのものの電力消費を抑えるには

基地局で商用電源の利用を減らす1つの抜本的な方法が再生可能エネルギー等の代替エネルギー源を求めることだとすれば、もう1つの方法は消費電力そのものを減らすことです。基地局の消費電力を大幅に減らせれば、商用電源の利用を減らすだけでなく、再生可能エネルギーだけで基地局を運用することも可能になります。

基地局の消費電力を抑えるソリューションには、無線機の設置方法や、基地局の空調等、いくつものファクターがあります。

まず無線機の設置方法から見ていきましょう。ここでは基地局の主要部分は電波を発するアンテナと、無線信号を増幅するRFモジュール、ベースバンド信号処理を行うシステムモジュールの3つに注目します。鉄塔局の場合、地上にシステムモジュールとRFモジュール設置し、塔頂部にあるアンテナまで30〜50mメートルに及ぶフィーダー(給電線)で繋いで接続するという方法が一般的です。この際、地上のRFモジュールから塔頂にあるアンテナにたどり着くまでの間にエネルギーは大きく損失されてしまうので、この損失を極力小さくする、すなわちアンテナとRFモジュール間の距離をできる限り近づけるだけで省エネ化が可能です。理論上は、アンテナとRFモジュールの距離を近づければ、アンプ(増幅器)出力が1サイズ小さいタイプでもよくなり、結果として消費電力を抑えられます。これは自明のことですが、実際には各種の制約があり全ての基地局でRFモジュールをアンテナ近くに構成するには至っていません。

制約の1つにはメンテナンスの問題があります。RFモジュールがアンテナの近くにあるということは、不具合が生じた時には高い鉄塔に人が登って対処する必要があるということです。地上に設置してあればいつでも作業員が急行できますが、鉄塔の上等の高所では安全面の点から夜間の保守作業が認められていないという制約があります。この課題に対しては、お客様と保守作業の安全性を十分協議した上で、RFモジュールをアンテナ近傍に設置することを推奨していきたいと考えています。また、高い位置に重量のある無線機も設置するとなると、鉄塔そのものの強度も考慮する必要があります。弊社では、鉄塔への搭載重量が増加しても十分な強度が確保できる、低コストで新しいデザインの鉄塔も用意しています。

また、空調の方式を変えることで消費電力を減らすソリューションもあります。基地局の電源をまかなうバッテリーケースには、通常、機器の冷却のためにエアコンが付属していますが、弊社では、エアコンではなく簡易冷蔵庫タイプでファンを使わないケースを用意しています。このケースを使うと、冷却のために使う電力がエアコンの10分の1に抑えられます。これらのソリューションを組み合わせることで、基地局が消費する電力そのものを低減させられるのです。